保険とは

皆さんは保険に加入していますか。
加入している場合、ご自分の保険の内容を正しく理解しているでしょうか。
正しく理解していなければ、いくつかの保険に加入していて内容が二重になっていたり、補償の内容が充分でない場合があります。

まず「保険」とは、多くの人たちが保険料を支払い、支払った人の中で事故や病気等など保険の対象となる事態に遭遇した時に、出し合った保険料の中から保険金を支払う制度です。
保険の対象となる出来事を「保険事故」と呼び、交通事故や海難事故、火災、地震、病気による死亡等があります。
突然起こる事故や自然災害に備えて自分で蓄えるのは大変難しいことですし、充分な資金を準備することはできません。

保険に加入しておけば、保険事故が起こった時にその被害に応じたお金を給付してもらえます。
保険の契約は、保険料の支払いを行う保険契約者と、保険金を支払う保険者の間で保険契約が行われることによって成立します。
保険者として保険事業を行う会社を保険会社と呼んでいますが、保険業法によって規制されており誰でもできるわけではありません。
日本国内には大変多くの保険会社があり、最近では海外資本の会社も多くあります。

保険申し込みの際は保険会社やその代理店に直接訪れるだけでなく、金融機関を通したり、勤務先を通すなど様々な方法がありますが、近年はインターネットで申し込みを行うことができるようになりました。
この場合、自分で内容等についてしっかり確認しなければいけません。


≪RECOMMEND SITE≫
自分が加入している保険の見直し相談を無料で行えるサイトです ⇒ 保険 見直し相談